カテゴリー
お酒 グルメ,お酒

シャトー・ヌフ・デ・パプ

皆さんこんばんは、先日運転用のサングラス(けっこう安い)をポチッたら予想以上にショボかったJです。

イメージ画像はやっぱりイメージ画像ですね(・o・;)

そして6月も20日を過ぎそうなのに雨が少ない?このまま夏なんでしょうか??

さてそんなこんなでワインです。

シャトー・ヌフ・デ・パプ 2015

生産者はE,ギガル。

某ポイントモール経由して物色していたらJALのショッピングサイトで見つけました。

送料込みで7500円程、送料だけの説明でしたがキチンとクール便でした。JTBよりJALの方がワインの種類が多い気がするのでキチンとクール便ならチョイチョイ買えそうです。

飲んでみたかったE,ギガルのシャトー・ヌフ・デ・パプ。

ブレンド品種は、グルナッシュの古木 70%、ムールヴェードル 15%、シラー 10%、ムールヴェードル 15%、その他 5%です。

E,ギガルは1946年創業でわずか半生で北部ローヌのトップ生産者になりました、現在は60ha、樽も自社製造だそうです。

さて飲んでいきます。

やや黒いワインレッド、なんか樽っぽい香り?赤系果実?香り立ちはまずまず。

味わいは、ボルドーとかイタリアワインでありそうな感じ、メインのグルナッシュってスペイン原産なんですね、10%シラーがあるので?ややスパイシー。

赤っぽいような黒っぽいような感じ、酸味やや強め、タンニンは比較的穏やか。

シラーなイメージでしたが比較的とっつきやすい感じですね。

ただコレだとコスパの良いボルドーとかイタリアワインの方が良い、という方もいるかもですね。

なかなか難しいワインでした。

本日も閲覧ありがとうございましたm(_ _)m